へなちょこの挑戦!!
ヘタクソながらも歪み系ギターにチャレンジし、その成長過程?を記録します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブルース・エクササイズ1-4
今回のテーマは・・・
「キレのないダラダラしたソロになってします」です(´・ω・`)

教本にはポイントとして
1.弾かないというプレイにも注目する
2.休符や音符の長さに注目してみる
あと、ロングトーンではビブラートをかけて、弦とフレットの摩擦音を利用してサステインを得る。
・・・とのことです。

やってみた(´;ω;`)ウゥゥ


[VOON] キレなし①

音伸びてねーし、キレもねーww



コメント

 管理者にだけ表示を許可する

むささび太郎 | URL | 2013-02-17-Sun 21:38 [編集]
私はブルースは練習したことが無くて、全くの素人なのですが、
「弦とフレットの摩擦音を利用してサステインを得る」というのは、どういう方法なのでしょうか。
私には難しすぎて分からないです(涙)

個人的には、ピックアップを思い切り下げて、なんとか音を伸ばそうとしていますが。
んー。伸びませんね(笑)あとはエフェクターでごまかすか、
できるだけロングトーンは弾かないようにしています(涙)

TK | URL | 2013-02-17-Sun 22:44 [編集]
> 1.弾かないというプレイにも注目する

バッキングの時は、空ピックだと思いますが、ソロの場合は、やっぱり「間」ということなんでしょうね。
ようは自分が気持ちよいタメをできるか否かってところなんでしょうかね?(^_^;)

> 2.休符や音符の長さに注目してみる

伸ばす、切る、ベンディングする、ヴィブラートする等々なんですよね。
これもまた、自分で聞き返してみて、気持ちが良いか否かなんだと思っていますね。自分の場合は。(^_^;)

サスティーンですが・・・ギター側(ロングスケール、デッドポイントの有無、ピックアップ)にそれを殺してしまう要因がなければ、あとはやっぱりアンプ、エフェクターだったり、シミュレーター(ソフトウェア)次第なところが大きいと思います。
どもです~♪
killerf | URL | 2013-02-18-Mon 21:39 [編集]
>むささび太郎さん

どもども~♪
「弦とフレットの摩擦音を利用してサステインを得る」ですが・・・
自分なりの解釈だと、とにかくビブラートをし続けると音が伸びる?
が、しか~し!!
私がやってみると途中からヒュンヒュンビゴッ!!みたいになってしまいます(泣)

う~ん、ロングトーンでのあの音の揺れと伸び(´;ω;`)ウゥゥ
弾ければ気持ちイイでしょうね~♪

懲りずにまた聴いてくださいね~♪

>TK さん

どもども~♪
バッキングの空ピッキングってのが苦手ですね~ww
てか、全般的に空ピッキングがアレな感じです(泣)
あと、間ですが・・・やはりリズム感もそうですが私の場合曲に煽られて何故かギアがあがってしまいますww
なので、音の伸びとかタメとか感じる余裕が全くありません。
とにかく、フレーズを弾く(左手で追う)のが先走ってしまい、右手ピッキングとのタイミングが合いません。

最近、これを克服しようと努力してるつもりですが・・・





むささび太郎 | URL | 2013-02-20-Wed 23:14 [編集]
「ヒュンヒュンビゴッ!!」
凄くわかります!
私も同じ音が出てしまいます。

たぶんフレット(弦)を押さえる力が弱いか(或いは押さえる位置の問題か)、となりの弦をミュートしている指が原因かなあと、自分では試行錯誤しているのですが・・・

難しいですね。
意識して直そうと思っても、「ヒュンヒュンビゴッ!!」ってなります。
特に1弦と2弦は。
弦とフレットの摩擦音
マジェ | URL | 2013-02-22-Fri 21:06 [編集]
弦とフレットの摩擦音といえば・・・
やっぱJimi HendrixのFoxyLadyですな・・・この曲のアクセントになってます。オリジナル曲より、ZZ TOPがカバーしてる曲の方がより一層強調されてますけどね~。
サスティーンというより、弦とフレットを擦って音を出してるって言う方が正しいかと思いますが^^;

N郎♪ | URL | 2013-02-23-Sat 13:05 [編集]
めっちゃいい(笑)
どもです~♪
killerf | URL | 2013-02-23-Sat 15:38 [編集]
>むささび太郎さん

どもども~♪
「ヒュンヒュンビゴッ!!」・・・わかっていただけましたか(笑)
私の場合は、特に薬指に中指を添えてビルラートやってると上の弦に中指の爪の間が挟まってしまいますねー(´;ω;`)ウゥゥ

それからコメにあった、隣の弦のミュートですが・・・
完全にノーマークでしたww
私も試行錯誤しながらやってみまする。



どもです~♪
killerf | URL | 2013-02-23-Sat 16:09 [編集]
>マジェさん

どもども~♪
お二方の動画見てみましたよ~(*´∀`*)ノ
う~ん・・・素晴らしい。

あ、ちなみに私が現在やってる教本にZZ TOPが参考アルバムってことで載ってました。
ファンダンゴってアルバムです。
あと、弦とフレットを擦って音を出してる・・・やってみまする(泣)

>N郎♪さん

どもども~♪
あ~、いや~・・・これでも全力なのです(´;ω;`)ウゥゥ
こんな感じのが全部で30項目あるみたいなので、懲りずにまた聴いてくださ~い♪

ありがとで~す(*´∀`*)ノ
どもども~。
テイルピース | URL | 2013-02-24-Sun 00:50 [編集]
言葉だけで説明するのってなんかイライラしちゃいますよね。
やって見せたら一瞬なのに言葉にすると訳わからん感じになっちゃいます。(^^ゞ

フレットとの摩擦音っていうのは、激しめのビブラートを掛けて音が消えかかって
もやめずにしつこくビブラートかけ続けるってことです。
ポイントは大きさよりも速さかもね。

killerfさんってフレーズを練習するときにけっこう大きな塊で捉えてません? 
それを一生懸命トレースしようとしてる気がするんですよ。
「タタターン」ぐらいの長さでフレーズを捉えてパターンを増やしていくと、
それらを適当に組み合わせることでなんとなくアドリブになりますぜ。
どもです~♪
killerf | URL | 2013-02-25-Mon 20:38 [編集]
>テイルピースさん

どもども~♪
う~ん、フレーズを大きな塊で・・・ということですが
まさにその通りでした!
なるほど、なるほど。
ただ今、ちょっとした衝撃をうけておりまする( ̄~ ̄;)

う~ん、なるほど。


トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 へなちょこの挑戦!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。